Webショップmai店長 「俺」 を公開いたします

      2017/01/25

dai

ベールに包まれていた、Webショップmai店長こと「俺」。
一般企業に、こんなヤツは存在するのか?

いや、存在していてイイのか??

皆さまの疑問にお答えいたします。

これには壮大な「戦略」が……。

 

ない

 

「戦略」なんてものは、ありません。

 

ええ、ただの「しょしがり」です。
※「しょしがり」は「恥ずかしがり屋」の東北弁

 

 

 

今回は「俺」を、さらけ出します。

 

 

 

     えっ?

 

「別に、聞きたくナイ」って?

 

 

わかりました。

あなたの大切な時間を無駄にしないために、ひとつだけ質問に付き合ってください。

もしも答えが Yes なら、少しだけ読んでみてください。

 

 

では質問です。

 

あなたは、髪の毛に悩みがありますか?

 

 

 

Yes  or  No

 

 

 

「俺」の名前は、奥山宗之(おくやまむねゆき)。

1980年の福岡県生まれ、秋田県育ち、現在は横浜市在住。

妻1人、息子2人(6歳と0歳児)の4人家族。(2016年時点)

株式会社 ナチュラル・ハーモニー卸事業部。
副事業部長の肩書と、Webショップmaiの店長を兼任。

Webショップmaiのブログを、「俺」店長として執筆中。

代表作 「俺の雫(しずく)」 「小学生でもわかるネオニコチノイド」 「ナチュラル男子のつくり方」

 

フェイスブックアイコン

※長年愛用してきたフェイスブックのプロフィール写真。通称「妖怪」

 

 

なぜ今回、「俺」を公開するのか? と思われている方もいることでしょう。

包み隠さずに、その【したごごろ】をお伝えいたします。

 

 

 

ん??

 

最後に、変なのが混ざってない?

 

「俺」は友達が欲しい

 

はい、そうです。
「俺」は友達が少ないです。
友達がいないのには、それなりの理由があります。

 

  • 短気
  • 天邪鬼(あまのじゃく)
  • 卑屈・偏屈・理屈屋(ひくつ・へんくつ・りくつや)

 

さらに、「オシャレ」な物へのアレルギー反応があり、出会いを少なくしています。
「俺」は基本的に、オシャレな街へは出かけません。

 

表参道・青山・六本木・麻布・代官山・恵比寿・銀座・自由が丘

 

これらの土地には、「鬼が棲む」 と思っています。

 

立ち入ったが最後です。

オシャレな奴らに囲まれて、前後不覚に陥ることでしょう。
最終的に「俺」の知覚が、ゲシュタルト崩壊することは目に見えています。

 

ゲシュタルト崩壊

※ゲシュタルト崩壊の例

 

だから「俺」は、ひとりでオシャレな街に足を踏み入れることはありません。
この偏屈さは、さまざまな場面で発動されます。

「青山で待ち合わせよう!」と言われても、ひとりで待っている間に崩壊してしまうので、丁重にお断りします。
お店選びも同じ、オシャレなカフェよりも居酒屋が好きです。

これが、少ない友達をさらに減らしてきた要因のひとつだろう。

 

「俺」は友達が欲しい

 

すこしだけ、むずかしい話。

Webショップmaiでは、フェイスブックを利用しています。
フェイスブックは個人と企業よりも、個人と個人のつながりを重視します。

 

【企業】に、あなた【個人】が『いいね』をしても、【企業】の情報があなたに届くとは限らないのです。

それよりも「俺」【個人】に、あなた【個人】が『いいね』をすると、情報が届きやすくなります。

 

だから「俺」は決めたのです。

 

「俺」が情報を拡散する、道具となることを。

「俺」は胸を張って、社会の歯車になることを選んだのです。

 

 

しかし、ひとつ問題がある。

30半ばのオッサンの写真を公開したところで、友達ができるなんて思えない……。

俺の三連星

左から、タイトル「Kiss Me」・「ボヘっ」・「ニコっ」 

 

いつもダークカラーの服を着こなし、ボサボサ頭は手ぬぐいで隠しています。

 

オシャレな街が似合いそうに見えますか?

 

 

手ぬぐいを外す

※手ぬぐいを外すとこんな感じ

 

【注意】 オシャレな街で、「俺」に出くわしても警察に通報しないでください。

 

 

床屋は、三ヶ月に一度。

20代の頃は美容院に行くこともあったが、満足に切ってもらえたことがない。
美容院というオシャレ空間に呑み込まれて、自分の要望をうまく伝えることができなくなる。

さらに

 

  • 髪の伸びが早い
  • 髪の量がヤバい
  • 髪の硬さがヤバい
  • スキバサミが痛い
  • シャンプーでカユいと伝えれない
  • 美容師との薄いおしゃべりが嫌い
  • 最後の「こんな感じです」の合わせ鏡の時に、「あ~、はい」としか言えない

 

「俺」は自分の髪に対するコンプレックスと共に、美容院に対するトラウマを抱えてオッサンへとなってしまった。

オッサンの写真をフォトショップで加工したところで、オッサンに変わりはない。

 

 

困った。
友達募集の前に、こんな問題が立ちはだかるとは……。

 

 

しかし、女神は「俺」を見捨てはしなかった。
女神とは、社内の女性陣。

 

赤チェリー:チェリーさん

ソーダ:ソーダさん

ソーダ:ヨッシー

 

 

赤チェリー

「奥山くん、銀座にイイ美容院があるのよ~。イイ男になれるわよ~」

 

俺

「銀座か~。ハードル高けーなー」

 

ソーダ

「わたしも行きましたよ。ホントに行った方がイイですって!」

 

俺

「う~ん……」

 

ソーダ

「奥山さん、絶対お勧めですよ! フッワふわのモッフもふですよ!!」

 

俺

「意味が分からない……」

 

 

俺

「でも、行ってみようかなぁ~」

 

 

 

どうやら、社内で空前の大ブームが起きている様子だった。
すでに女子社員の半数近くが、その美容院に行っている。

詳しく話を聞くと、その美容院の美容師はハーモニック・トラストの会員様らしい。

ハーモニック・トラスト(弊社の定期個人宅配)

 

女性陣が言う、美容院の特徴は

 

  • 美容院の名前は 「銀座 美院」
  • 地肌にやさしく環境負荷の少ない、シャンプーやカラー剤
  • 自然栽培への理解が深い
  • カットされると「風通しがよい」
  • イケメン揃い

 

 

あ~。

 

でたよ……。

 

鬼だ鬼。

 

 

オシャレな街「銀座」、オシャレの巣「美容院」、しかも「イケメン」

さらには名前が「銀座 美院」って、攻めすぎでしょ。

 

 

鬼ヶ島で、鬼が金棒もってるイメージしかできません。

 

 

やっぱり「俺」には、無理だな~。
目的遂行の為とはいえ、できねーな~。

まぁ、予算のこともあるし奥さんに相談して、この案件にダメをもらおう。
そうすりゃ、ノコノコと鬼の棲みかに行く必要はない。

別の手を考えりゃイイってわけよ。(かしこ~い!!)

 

 

俺

「ブログの記事用で、銀座の美容院に行きたいんだけど……。ダメだよね~?」

 

奥さん:「い~よ~。いってらっしゃ~い」

 

俺

「えっ!?ちなみに〇〇円だけど……。無理でしょ?」

 

奥さん:「あ~。イイよ。カッコよくなっておいで!」

 

 

ふ~。

なぜ、「ダメ」と言わない。

なぜだ……。

いつも予想を反する。
奥さんの思考は、俺の遥か上空を旋回している。

時間にして1分程度の会話で、「俺」の銀座行きが決定した。

 

 

翌日の社内

 

 

俺

「ヨッシー。銀座行くよ「俺」! 予約してくれない?」

 

ソーダ

「了解しましま!!(敬礼)」

 

俺

「あと、『かっこよくしてください』ってメールしておいて、冗談だけどね……。」

 

ソーダ

「了解しましま!!(敬礼)」

 

 

……。

 

シマシマって……。

 

大丈夫かな……。

 

 

そうして、当日を迎える。
当日の様子は、一部、フェイスブックの投稿を転記する。


FB投稿

今日、私は銀座に抱かれます。

昨日から入念にカラダのお手入れ・・・
銀座に失礼の無いように。
久しぶりのシャンプーと鼻毛のケア、インナーだって勝負してます。

今朝は洋服選びに30分。
普段は同じ服しか着ないから・・・
銀座に抱かれる服がない。
手持ちのコマで精一杯の背伸びをする。

東急線は中目黒駅を過ぎる。

奇しくも今日は銀座でパレード。
リオ五輪のメダリストが繰り出すとのこと。
銀座のお洒落な種族に飲み込まれたらどうしよう。
一瞬で、お洒落難民と化してしまうだろうか。
大通りは危険すぎる。
路地裏を通って行くことにしよう。
お洒落な奴に出くわさないように。

神谷町を過ぎる。

「○○なう」が死語でないなら、こう云いたい

レスキュー ミー なう
緊張がMaxになりつつある。

私、これから銀座に抱かれます。

 


 

リオ五輪のメダリストによるパレードを尻目に、昭和通沿いの商業ビルへと向かう。

エレベーターに乗り9階へのボタンを押す。
扉が開くと同時に、そこはすでに

 

 

 「銀座 美院」
‐‐ Ginza Biin ‐‐

 

 

今回「俺」のカットを担当してもらうのは、

 

 

「美院長」こと

Taku Masumoto(増本 拓)

 

 

手荷物を預け、窓際の席へ通される。
窓は昭和通りに面しており、明るさと解放感がイイ。

ドキドキは未だ収まらない。

大丈夫、電車の中で幾度となくシュミレーションしてきた。

 

 

増本氏:「本日は、いかがなさいますか?」

 

 

「俺」は鏡越しに、増本氏と目を合わせる。
そして、鏡から目線を外しながらこう言う。

 

 

俺:「カッコよくしてください」

 

 

 

しかし、事実は異なる。

緊張気味の「俺」は、増本氏に聞かれるまでもなく、やや喰い気味にこう言った。

 

 

俺

「カッ、カッコよくしてください」

 

 

増本氏:「ヨッシーさんから、メールで伺(うかが)っております」

 

増本氏、ニコリとほほえむ。

 

 

……。

 

 

(心の中でつぶやく)

やっぱり、銀座は怖えぇどごだ。(怖い所だ)
「俺」には、やっぱり無理だったんだ。
この街じゃぁ、「俺」が「俺」らしく居られやしねぇ。

 

 

このとき「俺」は心の扉に、内側から鍵をかけていた。
もちろん、用心のためのチェーンロックも怠っていない。

しかし増本氏は、たった二言(ふたこと)で「俺」の心の扉を開けてしまった。
正確には俺の方から心を開いた、というのが正しいだろう。

彼は芸能人に見られるような、全身に強烈なオーラを纏うタイプではない。
しかし彼は、言葉を発するたびにグングンと人を惹きつけていく。

 

 

一言(ひとこと)

頭髪を隠すための手ぬぐいを、ゆっくりとはずす「俺」。
解き放たれた野獣のような、「俺」の髪を触りながら彼はこう言った。

 

 

「今から、カットされたことの無い所を、切っていきますからね」

 

 

??

 

カットされたことがない??

 

「俺」にとって未開の地があるのか??

 

わたくし齢(よわい)三十六にして、初体験を宣言されているのか?

 

どこ?

 

そこ?

 

あぁ~。

 

「俺」の頭では下ネタしか思いつかない……。

 

 

 

二言(ふたこと)

「俺」の混乱を脇目に、増本氏のハサミは心地よい音を立てながら、髪を断っていく。

 

 

「奥山さん」 

「今、何しているか分かりますか?」

 

 

 

 

「ジャングルをね……」

 

 

 

 

「森林にしているところです」

 

 

 

 

★ずきゅ―――――ん★

 

狙い撃ち

 

あぁぁ。

やられたぁ。

 

 

 

今まで、「俺」の大量かつ硬質な髪の毛を前に、さまざまな表現をした美容・理容師がいた。

「すごいですねぇ。わたしの経験では2番目くらいに硬いですかねぇ」
「こんなに量が多いと大変ですよね。たくさんスイておきますね」

イラっとすることはあっても、刺さることはありませんでしたねぇ。

 

 

「ジャングルを、森林に」って、どんだけ開拓者ですか!?

増本  だけに 開拓 って?

なぜ、オモシロ好きの「俺」に刺さる言葉をチョイスした!
例えがうますぎる!!

彼はたった二言で、「俺」の重い扉を開け放つのだった。

 

 

鎖国モードから開国された「俺」は、よくしゃべる。
増本氏の軽快なカットと、豊富で幅の広い知識に、ついつい質問攻めしてしまった。

 

 

俺

『美院』ってネーミング、攻めてますね~」

 

増本氏:
「わたしは、トータルビューティをプロデュースしたいんですよ。外見だけでなく、体の中も外も。だから、容姿を連想させる「容」を外したんです。それが『美院』です」

 

俺

「ジャングルを森林にって……」

 

増本氏:
「風通しを良くするイメージですよ。髪の毛が密集した状態では、頭皮の健康状態にもあまりよくありません。農業で言うところの畑の土が頭皮、作物が髪の毛にあたります。健全な作物を育てるには、健全な土づくりですよね。これ、漁業にもあてはまるんですよ!」

 

俺

(第1次産業と、第3次産業を並列するとは、スゲェなこの人……。)

 

俺

「さっきから「俺」の髪を、あらぬ方向へ向けながら、カットしているのはなぜですか?」

 

増本氏:
「同じ方向から見ていたんじゃ、本質が見えなくなりますよね。毛先ばかり見ていたのでは根元が見えなくなる。自然栽培と凄くリンクしているんですよ~」

 

うさちゃん

※カットされたて、集められた髪の毛を前にして(少々グロいのでウサちゃん加工済み)

 

俺

「す、すごい量の髪ですね。見た目の長さは、これほど切ったとは思えないのに」

 

増本氏:
「わたしがやっているのは、樹木の選定みたいなものですよ。この髪の毛はもう『役目を終えたな』ってのがわかるんですよ。それを落としてあげる。『お疲れさま』って。その積み重ねが、カットした髪の量と見た目が比例しない理由でしょうか?  最近はお客さまと一緒に、カットした髪の毛に『ありがとう』って言うんですよ(笑)」

 

俺

「早く頭を……。さ、触りたい」

 

 

増本氏:
「奥山さん……。ダメです」

 

俺

「そんな、殺生な……。」

 

 

増本氏:
「お楽しみは、最後までとっておきましょう。」

 

俺

「なるほど! 演出上手ですな!!」

 

増本氏:
「(笑)。本音は、お客様が髪の毛まみれにならないようにと……。では、シャンプー台へ移動しましょう。シャンプーもオーガニック系のものを揃えております。お選びいただけますが、どうなさいますか?」

 

俺

「おっ、お任せいたします」

 

 

お姫さまの寝室の様な、カーテンを開けてシャンプー台へと横になる「俺」。
目元には、「やわらか~ぃ」タオルをファサッとかけられる。

 

俺

(やべーな、コレ。寝るな確実に……)

 

しかし、次の瞬間「俺」は覚醒するのだった。

鼻と口元に、かけられるタオル。
もちろん呼吸を妨げないために、帯状にしたタオルを中空の三角形に折りたたまれる。

まさかこれが、世に有名なバミューダトライアングルだとは……。

 

増本氏:
「タオルには、オーガニックパフュームを使用しております」

 

俺

「いい香りですね~」
(あは~ん。クンクンがとまらない。ど、どうしよう)

 

香りに気をとられているうちに、どんどんシャンプーは進む。

クンクンが止まらない。

あまり記憶がない。

唯一覚えているのは、増本氏がなにやら怪しげな動きをしていたことだ。

それは、最初にシャワーで髪の毛を洗い流した後だった。

「俺」の頭上でお湯を溜める音がした後、「シャバシャバ」と何かを溶かし混ぜているような音がした。
そして溜められたお湯を手にすくい、「俺」の髪へとかけているようだった。
その動作は「洗う」でもなく、「マッサージ」でもなく、まさに「水をかける」と言うのが合っていた気がする。

「俺」は心の中でこれを、「水かけの儀」 と名付けた。
もちろん記憶があいまいなので、この行為が本当にあったかどうかは定かではない。

 

だって、クンクンが止まらないんだもの。

 

しかし、楽しい時間はあっという間。

 

シャンプーは終わり、「俺」の手元にはホットタオルが手渡される。
普段、美容院に行かない「俺」でもこの文化は知っています。

床屋でヒゲを剃ってもらった後に、顔を『ゴシゴシ』するヤツですな。
だが「俺」は今、オシャレ空間にいる。
文化と作法は一致しないはずだ。

『ゴシゴシ』はしない。

ホットタオルで優しく顔を撫でながら想いにふける。

 

(はぁ~。もっとクンクンしてぇなぁ~)

 

 

シャンプーを終えて、席へと戻る。

 

増本氏:
「奥山さん。シャンプーってなんだかご存知ですか?」

 

俺

「えぇ~と。シャカシャカすると、泡々するヤツですかね??」

 

 

増本氏:
「シャンプーの語源はヒンドゥー語の chāmpo (チャンプー)からきています。元々の意味は『押す』でした。やがて chāmpo は『香油を使った頭部のマッサージ』となっていきました。しかし現代では『洗髪』のイメージが色濃くなっています」

 

俺

(chāmpoかぁ。ゴーヤーチャンプルーしか連想できないなぁ……)
チャンプルーの語源は、日本語の「ちゃんぽん」(混ぜる)が有力です。

 

 

増本氏:
「だから、シャンプーはゴシゴシ洗わなくていいんですよ。男性でよくみられるトラブルに、頭皮のベタつきがあります。こういう方は大体、皮脂の落とし過ぎが原因です。頭皮は皮脂を落とし過ぎると、それを補うようにさらに多くの油分を出します。つまり悪循環です」

 

俺

(「俺」のことだ……) 「では、どうすればイイのでしょうか?」

 

 

増本氏:
「その人に見合った方法があると思いますが、奥山さんでしたら、側頭部から頭頂部へと登るようにマッサージすると良さそうですね。側頭部は、顔の表情筋の動きに連動して動きますので、比較的血流がよいところです。しかし頭頂部はあまりよくありません。血流を良くしてあげれば、頭皮は不要な皮脂を落としてくれます。もちろん食生活にも一因がありますが、奥山さんなら大丈夫でしょう?」

 

俺

(ほほぅ……ギクリとさせますなぁ。ナチュラル男子の「俺」に)
「もっと具体的に教えてください!!」

 

増本氏:
「髪の表面の汚れは、シャワーの水圧で十分落ちます。汚れを落としたら、指先で頭皮を押すようにして、耳元からつむじへとマッサージしていきます。力加減は『気持ちいい』くらい。最後にシャワーで洗い流せばOK。たまには石鹸や泡々もイイですけど、健全な頭皮であれば基本的にマッサージで十分ですよ。私は『しおしゃん』ですけどね」

 

俺

「『しおしゃん』? 新手のゆるキャラですか?? ジバニャン的な???」

 

増本氏:
「『塩シャン』です」

 

俺

「『しおシャン』ちゃん ですか?」

 

増本氏:
「『塩シャンプー』です」

 

俺

「『しおざわときちゃん』 ですか?」

 

増本氏:
「もう教えませんから、ご自分で調べてみてください……。」

 

 

シャンプー後のカットを終えて、ドライヤーを手に持ちながら増本氏が言葉を放つ。

 

増本氏:
「奥山さんはドライヤーとかしないですよね?」

 

 

あぁ。

 

きたよ。

 

「俺」の苦手なヤツが……。

 

『ご自宅でもブラッシング&ブローをしてくださいね』 的なアレ。

 

はぁ、増本氏も同じかぁ……。

 

 

俺

「へぇ。しないですねぇ。やっぱりした方がイイんですよねぇ……?」

 

増本師:
「ブローはプロのテクニックです。プロのテクニックをお客様に『お家でもブラシを使ってブローして下さいねー』って、簡単には言えませんし無責任ですよね…。私の場合は、誰でもお家で簡単に再現できるように、ブラシを使わない乾かし方をお伝えしています」

「で・す・が、奥山さん。ドライヤーしなくてもいいですよ(笑)。もちろんドライヤーを否定するわけじゃないですが、熱風って不自然じゃないですか、自然界に存在しないですし。私の場合はタオルで拭いて、枕元にもタオルを敷いて寝ちゃいますよ。寝癖の直し方にはコツがありますけどね。」

 

俺

「ま、マジっすか!? ノードライヤーOK? 寝癖はどうするんですか?」

 

増本師:
「寝癖の大半は毛先に生じます、ハネたり曲がったり。ついつい毛先に水をつけて直そうとしますが、重要なのは根元です。指先に水をつけて、髪の根元へ馴染ませてください。あとは全体をフワフワっとすれば整いますよ」

 

俺

「えッ、それだけですか?」

 

増本師:
「わたしがカットした奥山さんの髪なら、これで十分ですよ。当然、お客様によって個人差がありますから、あくまで、奥山さんへのアドバイスです」

 

 

そしての至福の時間も最終段階、蜜蝋ワックスで「俺」のカットが仕上げられていく。

 

 

 

あぁ。

 

 

やばい。

 

 

カッコイイ。

 

 

そして男は、蝶となる。

 

after2

カット後の「俺」と増本師

after1

 

驚きました??

 

もう一度、ビフォー見ときます?

俺の三連星

※俺の三連星

 

 

そして、お待ちかねの

 

スーパー『おさわりタイム』

 

硬くて多い、「俺」の髪。
質実剛健とは、「俺」の髪のこと。

それが、まさかまさか。

 

 

きゃーー

 

 

かるいーーー

 

 

フッワふわのモッフもふ!!!!!!!!!

 

 

 

 

ヨッシーよ。

ようやく意味が分かったよ。

これは、カットされなきゃ分からない。

心の中で少しだけ「バカ」にしてごめんね。

 

ソーダヨッシー心の声
「奥山さん、イイんですよ。分かれば……」

 

 

 

聡いあなたは、もうお気づきかな?

文章の途中から 増本氏 → 増本師 と変わっていったことを。

ええ。そうです。

「俺」はすでに師の

「と・り・こ」 です。

 

 

お会計を済ますなり「俺」は、こう告げる。

 

 

紫俺「次回は、いつごろ来ればいいですかね?」
(明日と言ってくれ、明日と!!)

 

 

増本師:
「切りたくなったらで、イイんじゃないでしょうか? わたしのカットは長持ちしますよ!」

 

 

うわ~。

 

最後まで、やられた~。

 

 

 

「鬼が棲む」 土地へと、背中を丸めてやってきた「俺」。

まさか、胸を張り「銀座」の街を歩く日がこようとは……。

 

 

 

そして調子に乗った「俺」は仕事と称して、せっせとブロマイドを作成するのだった。

 

竜馬と俺

※坂本竜馬と「俺」

 

 

自然栽培天然菌の夜明けぜよ!!!!」

 

 

 

さて、本題に入ろう。

「俺」は友達が欲しい

 

Webショップmai店長「俺」は、自身が情報拡散ツールへ変身するために、お友達を大募集いたします。

 

カッコよくなった「俺」なら、お友達の2000人や3000人くらいは「お茶の子さいさい」のはずです。
カッコよくなったおかげで、卑屈な精神も少しは緩和されています。

 

今すぐお友達になりたい方は、こちらよりお友達申請をしてください。

Webショップmai店長「俺」のフェイスブック

フォローミー

①ますは、メッセージを送ってください。内容は【ore】でOKです。
(ダブルアカウントや自動申請等を排除するためです。さすがの「俺」でも空想上の友達はいりません)

②次に、友達申請またはフォローしてください。
(「俺」の能力では、友達とフォローの違いが判りません。どちらでも結構です)

 

 

 

まだ、お友達申請に悩んでいるあなたに朗報です。
お友達申請してくれたあなたには、スペシャルプレゼントをご用意しております。

銀座美院を後にした「俺」、衝撃の出来事はまだ終わっていなかった。
続編をあなただけに、FB(フェイスブック)メッセージにてお届けいたします。

もちろん、こんなプレゼントなどしなくても友達の200人や300人は朝めし前ですが、「俺」からの愛情と思って受け取ってください。

※すでに「俺」とお友達中の、希少価値が高いあなたにもプレゼントさせてください。FBメッセージで「続編」と送信してください

 

 

そろそろお友達になりたい方は、こちらよりお友達申請をしてください。

Webショップmai店長「俺」のフェイスブック

フォローミー

①メッセージを送ってください。内容は【ore】でOKです。
(ダブルアカウントや自動申請等を排除するためです。さすがの「俺」でも空想上の友達はいりません)

②友達申請またはフォローしてください。
(「俺」の能力では、友達とフォローの違いが判りません。どちらでも結構です)

 

 

 

まだまだ、お友達申請に悩んでいるあなたに朗報です。
お友達申請してくれたあなたには、スペシャルプレゼントをご用意しております。

「俺」は子どものころから「いたずら書き」が大好きだ。
大切な会議中だって、せっせと鉛筆を走らせるほどに勤勉な「いたずら書き」野郎だ。
Webショップmaiのブログに使われる、白黒の絵は全て「俺」画伯の力作だ。

そんな「俺」から、あなたに「絵」のプレゼントを差し上げたい。
「俺」に「絵」のお題となるメッセージを送ってくれ。

「〇〇な〇〇」的なヤツ
例)「元気なウサギ」

気合いで描くから気長に待っていてほしい、FBメッセージにてお送りする予定だ。
【jpg】という画像形式にてお送りするので、プリントしてクツ棚に入れておけば、魔除けぐらいにはなるかもしれない。

もちろん、絵を描かなくとも友達の20人や30人の申請は即完だろうが、気長にプレゼントを待つのも楽しかろう。

※すでに「俺」とお友達中の、絶滅危惧種なあなたにもプレゼントさせてください。FBメッセージで「〇〇な〇〇」と送信してください。

 

 

ようやくお友達になりたくなった方は、こちらよりお友達申請をしてください。

Webショップmai店長「俺」のフェイスブック

フォローミー

①メッセージを送ってください。内容は【ore】でOKです。
(ダブルアカウントや自動申請等を排除するためです。さすがの「俺」でも空想上の友達はいりません)

②友達申請またはフォローしてください。
(「俺」の能力では、友達とフォローの違いが判りません。どちらでも結構です)

 

 

 

正直、お友達申請に悩んでいるあなたに誓います。
お友達申請してくれたあなたには、次の三つをお約束します。

  1. おもしろくないリア充は投稿しません
    ※リア充:リアル(現実)の生活が実している様
  2. 友達申請しても、架空請求されることはありません
  3. あなたのナチュラルライフを、おもしろく楽しくなるお手伝いをいたします。

もちろん、こんな約束をしなくとも友達の2人や3人はできると信じています。

 

 

しょうがなく、お友達になっていただける方は、こちらよりお友達申請をしてください。

Webショップmai店長「俺」のフェイスブック

フォローミー

①メッセージを送ってください。内容は【ore】でOKです。
(ダブルアカウントや自動申請等を排除するためです。さすがの「俺」でも空想上の友達はいりません)

②友達申請またはフォローしてください。
(「俺」の能力では、友達とフォローの違いが判りません。どちらでも結構です)

 

 

 

記事はおもしろかったけど、どうしても友達になりたくない方は

Webショップmaiに『いいね』をお願いいたします。

Webショップmaiのフェイスブックページ

 

 

おしまい

記事を書いた人
Webショップmai店長こと「俺」

 

↓おもしろかったらシェアしてね。↓

Pocket

 - 自己紹介