俺の雫(しずく)No.2 12月15日 その1

      2017/03/14

orenosizuku

あの日仕込んだ醤油があんなことになるなんて、俺たちはまだ知らない

ナチュラル男子の「俺」「しょうゆ」をつくるノンフィクション。

 

前回まで

天然菌と自然栽培によるお醤油キットを手に入れた「俺」。
手にした安堵も束の間。

小さな異変に気づきはじめるのだった。

 

 

2015年12月15日

 

 

なにか違和感を感じる。

 

 

「お醤油キット」はすでに「俺」の手元にある。
我が家の台所、食器棚の上に鎮座し奉(たてまつ)っている。

すぐにでも仕込む予定だったが少々延期していた。

 

理由は単純だ。
息子(5才)と一緒に仕込みをしたかった。

 

「俺」の帰宅時間はおおよそ21~22時。
当然、息子は夢の中。

次の休みに仕込もうと考えながら、すでに4日ほど経過していた。

 

 

 

なにか違和感を感じる。

 

 

 

「お醤油仕込んだ?」

 

 

 

声をかけてきたのは、商品開発部の彼だった。
彼が高身長なのはお伝えした通りだが、それだけではない。

 

あなたはジャイアント馬場をご存じだろうか?

 

日本プロレスリングの代名詞とも言える存在だった。

有名な技に16文キックというのがあった。
ジャイアント馬場の足の大きさにちなんでつけられた技の名前だ。

彼の靴のサイズは、ジャイアント馬場のそれと見劣りしない。

子猫チャンなら五匹ほどは住まえる間取りだ。

 

 

 

 

何か違和感を感じる。

 

 

 

(彼をネタにし過ぎたことへの罪悪感か?)

(心のなかでアラウンド馬場アラババと言っていたことに対する罪の意識か?)
※アラフォーみたいな感じです

 

 

 

俺:「お醤油まだ仕込んでないんですよ~。えへへ」

 

 

 

彼:「あれ?言ってなかったっけ?」

彼:「醤油麹(こうじ)は、解凍したら早めに仕込んでね」

彼:「解凍して時間がたつと、醗酵力が弱くなることがあるから……」

 

醤油麹

醤油麹の写真

 

俺:「な~にぃ~~~~!!!」

俺:「聞いてない、聞いてないよ~!」

 

 

 

彼:「まぁ。冬の時期だし1週間程度は大丈夫だと思うよ」

 

 

 

 

違和感を感じて当然だった。

 

 

 

冷凍で納品されたお醤油キット。

「俺」は、すでに常温で4日保存している。

 

 

 

 

ひい・ふう・みい・よ・いつ……。

 

 

 

 

おいおい、週末まで持たないじゃないか……。

 

賞味期限が切れたものでも、臭い判別で食べちゃう「俺」だけど、今回は違うんだよ!!

もちろん厳密に1週間をカウントするつもりはないけど、今回は違うんだよ!!!

 

もう、タイトル決めちゃったんだ。

 

妄想しながら決めちゃったんだ。

 

 

 

 

「俺の雫(しずく)」

 

 

 

 

スタートから頓挫(とんざ)するわけにはいかないんだよ。

 

 

 

 

ミッション発動

 

「俺と仕事とゴールデンタイムと」

 

 

やることは3つ

 

1.速やかに今日の仕事を済ます
 (明日は明日の風が吹く心もち)

2.速やかに帰宅する
(19時~20時帰宅が望ましい)

3.息子と醤油を仕込む
(神速に)

 

 

障害は1つ

寝た子を起こさない

起こしたら最後、奥さんに一番嫌がられるやつです。

 

 

しかし、今回はハードルが高過ぎる。
そもそも、息子が19時台に寝ていたらこのミッションは成立しないのだ。

だが、悩んでいても仕方がない。
今やれることに全身全霊を尽くす。

 

会社を出たのはおおよそ20時。
早く見積もっても帰宅時刻は20時20分。

その時点で、ミッション成功率は50%ほどへと下がっている。

 

息子の睡眠ラインはおおむね20時30分。
基本的に「俺」はこの時間帯に帰宅することを避けている。

それは取りも直さず、寝た子を起こさないことが理由だ。

逆に、息子が21時30分を過ぎても起きていると、それは覚醒となる。

 

覚醒とは「簡単には寝ませんよモード」である。

 

世の奥方が最も恐れるヤツである。

 

 

自宅の100m手前でバイクのエンジンを切り、静かに家の前までたどり着く。
もしも寝ていたら、エンジン音で起こしてしまうゆえの計らいだ。

 

 

鍵を回し、家の扉をあける。

時にして20時25分。
ミッション成功率は25%にまで落ち込んでいる。

 

 

 

「た」・「だ」・「い」・「ま」・「ぁ」

 

 

 

一字、一句、中の様子をうかがうために慎重に放つ。

 

 

 

反応がない……。

 

 

 

やってしまったのか?!

ミッション失敗なのか?!

 

 

 

もう一度、少しボリュームを上げてみる。

 

 

 

 

「ただい」・「まぁ~」

 

 

 

 

 

「……」

 

 

 

 

ミッション成功をあきらめ、靴を脱ぎ家へと入る。

 

 

 

 

 

「おかえり~!! いしま~ん!!!」 (息子)

※「俺」は「いしまん」と呼ばれている。理由はいずれわかる。

 

 

 

 

「うあぁ。おぎでだ!!」

※驚くと東北弁が出る。それも「俺」。

 

 

 

 

おっしゃ~!!

 

第一関門突破!!!

 

 

 

残すミッションは神速なる仕込み。
※神速(標準語ではありません。迅速を遊んでいます)

 

まさかの「プチドッキリ」にしてやられる。
息子もなかなかの「エンターティナー」になったもんだ。

曲がりなりにもミッションを乗り越えた「俺」。

あとは息子と醤油を仕込むだけ、なんて、高を括(くく)っていた「俺」。

 

しかし、おとぼけ全開の「俺」は、自作自演の「ハードル」を用意しているのだった……。

 

 

 

 

この時

仕込み用の容器を

準備していないなんて

「俺」はまだ知らない

 

 

究極の醤油!! 「蔵の雫」とはこれだ!!!

次号 俺の雫(しずく)12月15日その2

Webショップmaiについて気になる方はこちらの記事も

 

最新の記事はフェイスブックでご案内しております。

Webショップmaiのフェイスブックページ

「いいね」を、おしてくださいませ。
ブログ更新時に配信させていただきます。

 

↓あなたの「いいね」が「俺」を癒す↓

Pocket

 - 俺の雫(しずく)