【電磁波】できるコト できないコト ~実践編~

      2017/10/09

こんにちは!!
Webショップmai店長こと「俺」です。

今回は防げる【電磁波】と、防げない【電磁波】について考察します。

 

コチラの記事は既に読まれましたか?

【電磁波】電車編

【電磁波】デスク編

【電磁波】電車編・デスク編を通して、『あなた』も【電磁波】の存在を身近に感じられてきたころではないでしょうか?

 

で、今回は……

 

【電磁波】実践編 を通して、まずは私たちができるコトと、できないコトを知ることから始めましょう。

 

ココを知らずに【電磁波】が及ぼす人体への影響ばかりを追っていると、あやし~ グッズで散財して【電磁波】への恐怖ばかりが膨らんで、精神衛生上よくありません。

 

では毎度のことですが、大前提として以下のことをご留意の上お読みくださいませ。

 

チェック 私は電磁波測定士や研究者ではありません

チェック 文中にある測定結果に再現可能な根拠はありません

 

 

今回は防げる【電磁波】と、防げない【電磁波】について考察します。
モチロン素人目線を『大切』に『簡単』に。

 

はじめに

 

数回の記事に渡って、測定時の安全基準としてきた25V/m
これは【電場】の値です。

しかし【電磁波】とは【電場】と【磁場】、両方の性質を備えたモノです。

 

ではなぜ【磁場】は測定しないの??

 

 

ですよね~。

 

 

実を言いますと【磁場】を測定しても……。
個人がとれる対策は、発生源から離れることしかないのです。

 

デモでも!!

 

ネット界隈を見渡すと【磁場】を除去できる・防げると言った噂がチラホラ見られるのです。
さらには【磁場】対策グッズまで散見されます。

う~ん。

ネットの中だけでは、何が正解なのかわかりません……。

 

 

物事を疑ってかかる漢(おとこ)それが店長こと「俺」。

 

 

 

やりましょう!!

 

ウワサの検証チャンネル。

 

 

 

個人レベルで【磁場】に立ち向かう方法はあるのか!!

 

今回も大活躍のプラグインアースとシックス(測定器)

 

折角の測定なので、世界的に高い安全基準をベースに検証していきましょう。

 

スウェーデンの電磁波安全基準

【電場】:25V/m(ボルトパーメーター)

【磁場】:2.5mG=250nT(ナノテスラ)

 

アースをとっていない状態

 

まずはすべての基準となる測定です。

条件はアースのとれていないノート型PCでコンセントから電源を供給されています。(非バッテリー駆動)

 

 

 

 

アースをとっていない状況下と、周辺環境(蛍光灯や配線等)を鑑みると順当な【電場】の数値です。

 

【磁場】は思っていたほど、高くない数値でした。

交流電源の【磁場】は、ひっきりなしに値が変動します。
発生源に近ければ近いほど、値の変動も大きいようですね。

今回の条件における【磁場】は0㎝において約±10nT10cmにおいて約±8nTほどのブレが生じています。

店長の測定なので大目に見てくださいませ。

 

スウェーデン基準:25V/m & 250nT

発生源よりの距離 【電場】の測定値 【磁場】の測定値
  0 cm 510 V/m 47 nT
10 cm 150 V/m 55 nT
20 cm 130 V/m 37 nT
30 cm 110 V/m 23 nT
40 cm 100 V/m 17 nT
50 cm   70 V/m 16 nT

アースがとれていないので当然の結果ですが、【磁場】に関しては危惧するほどの値は出ませんでしたね。

 

鉄板で防いでみよう

 

「防ぐ」「遮る」と言ったら『あなた』は何を想像しますか。

ハイ! その通り!!

『鉄板』ですよね!!

ウワサでは磁性体(磁石になりやすい素材)で密閉すると、【磁場】を遮蔽できると。
密閉はちょっとレベルが高いし、PCが一切見れなくなり非現実的なため、今回は『あなた』も実践できるように身近な素材を利用しております。

 

たこ焼き用の鉄板

これなら画面の1/3は有効活用できそうですから、お仕事やプライベートでも何とか使えそうです。
問題は【磁場】が低減するか否か。

タコ焼き用鉄板に隠された、2/3側の測定です。

 

 

0㎝の【電場】こそ下がったような値ですが、その他の数値は……影響なしって見解ですね。

 

 

う~ん。
目立った変化がありません。

何がいけなかったのでしょうか?

 

  • タコが入っていなかったから? YES!!
  • 鉄板の使い方を間違えた? YES!!
  • 密閉していないから? YES!!

 

スウェーデン基準:25V/m & 250nT

発生源よりの距離 【電場】の測定値 【磁場】の測定値
  0 cm 410 V/m 57 nT
10 cm 160 V/m 43 nT
20 cm 140 V/m 46 nT
30 cm 120 V/m 31 nT
40 cm   80 V/m 19 nT
50 cm   80 V/m 17 nT

結論:

タコ焼き用鉄板では【磁場】を防げない。

 

鉄の網状のモノで防いでみよう

 

もうひとつのウワサ。
磁性体(磁石になりやすい)素材かつ、メッシュ状(あみ)で包み込むと防げるとか?

そこで選んだのが、これ!!

 

メタルラック用のカゴ
(メタカゴと名付けます)

私のイメージとしてはPCから発生する【磁場】を、メタカゴが受けることでメタカゴが磁石化する。
コレによって発生源からの【磁場】は弱まる。

測定開始です。

 

 

【電場】の変化、な~し。

気を取り直して【磁場】の測定です。

 

 

スウェーデン基準:25V/m & 250nT

発生源よりの距離 【電場】の測定値 【磁場】の測定値
  0 cm 470 V/m 47 nT
10 cm 190 V/m 43 nT
20 cm 140 V/m 51 nT
30 cm 120 V/m 23 nT
40 cm 100 V/m 20 nT
50 cm   80 V/m 16 nT

結論:

メタカゴでは【磁場】を防げない。

 

とっておきを出そう

 

あまりの効果のなさに、少々手詰まり感が否めませんが大丈夫。

私店長、メインディッシュをいきなりお出しするほど無粋ではございません。

 

では、皆さまには本日のメイン。

 

こちらをどうぞ。

 

 

『ノートPCのホイル焼きにございます。』

 

『本日は巷でウワサの「携帯電話をアルミホイルで包むと「圏外」になる」こちらを元にして、もしかして、低周波の【磁場】も除去できるんじゃね!? 的な、安易な発想から仕上げた一品でございます』

 

それでは、さっそくお召し上がりくださいませ。

 

 

 Wao!!

【電場】ほぼ変化な======し!!

 

 

 ジーザス!!

【磁場】ほぼ変化な=====し!!

 

 

スウェーデン基準:25V/m & 250nT

発生源よりの距離 【電場】の測定値 【磁場】の測定値
  0 cm 530 V/m 61 nT
10 cm 150 V/m 35 nT
20 cm 130 V/m 28 nT
30 cm 110 V/m 18 nT
40 cm 100 V/m 14 nT
50 cm   90 V/m 15 nT

結論:

ノートPCのホイル焼きは食えたモノでは無い。

 

アースをとってみよう

 

まさかのメインディッシュが不発に終わるとは……。

ココは初心に戻って、アースをとって計測してみましょう。

 

(測定単位が異なります)

さすがはアースですね~。
キッチリと【電場】が低減しております。

 

しかし、30cm以降から数値が上昇しております。
もちろんこれまでの記事をお読みの『あなた』ならお気づきですよね。

 

PCのアースがとれたことによってPCからの【電場】は低減したが、周辺環境の電位に変化はなく、その影響を受けて数値が上がったのです。

距離にして30cm程度からですから、これは主にデスク自体が帯びている電位が原因でしょう。

デスク周りのアース対策はしていないので、108V/m

この電位が測定値に影響しています。

 

 

それではお待ちかねの、アースをとったPCの【磁場】測定です。

 

 

アースをとっても【磁場】の変化はほぼ無しですね。

ま~ここらへんが、個人レベルで電磁波と渡り合う落としどころってところでしょうか。

 

 

スウェーデン基準:25V/m & 250nT

発生源よりの距離 【電場】の測定値 【磁場】の測定値
  0 cm 24 V/m 48 nT
10 cm 19 V/m 56 nT
20 cm 22 V/m 46 nT
30 cm 28 V/m 19 nT
40 cm 48 V/m 13 nT
50 cm 54 V/m 14 nT

結論:

アースは【電場】を低減するが【磁場】は防げない。

 

まとめ

 

今回のデータを比較してみましょう。

 

【電場】の比較

発生源よりの距離 非アース 鉄板 鉄カゴ アルミ アース
  0 cm 510 V/m 410 V/m 470 V/m 530 V/m 24 V/m
10 cm 150 V/m 160 V/m 190 V/m 150 V/m 19 V/m
20 cm 130 V/m 140 V/m 140 V/m 130 V/m 22 V/m
30 cm 110 V/m 120 V/m 120 V/m 110 V/m 28 V/m
40 cm 100 V/m   80 V/m 100 V/m 100 V/m 48 V/m
50 cm   70 V/m   80 V/m   80 V/m   90 V/m 54 V/m

※大きな数値の変化以外は、誤差の範囲として判断しています。

まずは、鉄板の 0㎝ のデータは少しながら値が落ちたようにみられます。
仮に、完全密封された鉄板の箱にPCを入れたら、それなりのデータがとれたかもしれませんね。

もちろん、PCが使えなくなるという大きな代償を払う必要があります……。

 

次に変化のある数字はアースですね。
当然ではありますが、0㎝ の値の時点で基準値をクリアしています。

ですが……、

PCを至近距離で使う人はいませんよね。

つまり、PCから30~50cmほど離れた場所に『あなた』は存在しているはずなので、そちらの値の方が重要になります。

アースをとったPCで30~50cmの【電場】の値は

 

28~54V/m

 

残念……。

25V/mオーバーでした。

 

つまり電磁波対策で重要なのは、機器ごとのパーツとして見るのではなく、ひとつの環境として見る必要があります。

PC以外の電化製品、配線や電灯の位置などを総合的に評価しなくてはいけません。

 

【磁場】の比較

発生源よりの距離 非アース 鉄板 鉄カゴ アルミ アース
  0 cm 47 nT 57 nT 47 nT 61 nT 48 nT
10 cm 55 nT 43 nT 43 nT 35 nT 56 nT
20 cm 37 nT 46 nT 51 nT 28 nT 46 nT
30 cm 23 nT 31 nT 23 nT 18 nT 19 nT
40 cm 17 nT 19 nT 20 nT 14 nT 13 nT
50 cm 16 nT 17 nT 16 nT 15 nT 14 nT

 

残念ながらすべての測定値の比較において、特筆すべき効果は見られない。
誤差の範囲としか言いようがありません。

つまり、低周波電磁波に対して個人レベルがとれる対策は……。

 

 『発生源から離れる』

 

ですが、さほど危惧するような値でないこともお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

発生源からの距離 0㎝ における【磁場】は 47~61nT

30~50cm における【磁場】は  14~31nT

 

基準値以内の 250nT 以下ですね。

 

 

しかしこの結果はすべての家電製品に言えることではありません。
低周波【磁場】で気をつけないといけない機器があります。

これは機器それぞれの特徴と、使用する距離に左右されます。
注意すべき代表的な家電製品は、

  • ホットカーペット
  • 電気毛布
  • 床暖房(ヒーター線方式)
  • 電子レンジ

これらの家電製品は、基準値以上の【磁場】を発生することで知られています。
※【磁場】対策された製品もあります。すべての製品が基準値を超える訳ではありません。

 

おまけ

 

「てんちょ~」

「店長。 何やってるんですか~??」

 

 

「で。できた~!!」

 

 

 

「メタリックPCの完成じゃ~!!」

 

※電磁波対策には一切なりません。
※キーボードの配置が一切わからなくなります。
※電磁波なんて気になりません、眩しくて仕事になりません。

 

 

「て、店長……」

 

「まだ、なにか隠してませんか……?」

 

 

 

「チミ、チミ!! それは無礼と受け取ってヨロシイのかな?? さすがに私だって仕事には真剣ですから……」

 

 

 

 

「隠し事なんて……」

 

 

 

 

 

「……。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなた』もご自身の環境をチェックしてみませんか?

 

 

【検電器】エルマクリーン検電器

 

【電磁波防止器(電場)】エルマクリーン2

 

【電磁波防止器(電場)】+【検電器】セット

 

 

「興味はあるけどちょっと……」

「機械が苦手なんです……」

「だまされそう……」

 

 

すごく、わかります!!

 

目に見えない世界だからこそ、不安になりますよね。

 

私も同じでした。

 

「見えない」という事実は、「不安」であり「恐怖」を感じます。

 

 

ですが、ご安心ください。

 

 

当店(店長)がサポートいたします。※基本的にメールでの対応となります

 

弊社には、電磁波測定士2級保持者も複数名在籍しております。
技術的に難しい内容でもパートナー企業協力の元、サポートさせていただきます。

 

是非『あなた』もアースライフをご検討くださいませ。

 

 

【検電器】エルマクリーン検電器

 

【電磁波防止器(電場)】エルマクリーン2

 

【電磁波防止器(電場)】+【検電器】セット

 

 

次号、

【電磁波】アースってなに?
アーシング? グラウディング?
なに?なに?なに~!? ~実践編~

 

 

おしまい。

 

気になることはコメント欄をご利用ください。
研究者ではないですが、可能な限りご質問にはお応えいたします。
↓シェアはご自由に↓

Pocket

 - ライフスタイル