【電磁波】パソコンを使う方へ ~デスク編~

      2017/10/02

こんにちは!!
Webショップmai店長こと「俺」です。

 

前回は、身近な【電磁波】電車編でした。
たくさんの反響を頂き、ありがとうございました。
http://mai-rice.xsrv.jp/electromagnetic-waves2

 

で、今回は……

 

身近な【電磁波】デスク編 を通して、【電磁波】との付き合い方について考えてみます。

 

 

では早速ですが、大前提として以下のことをご留意の上お読みくださいませ。

 

チェック 私は電磁波測定士や研究者ではありません

チェック 文中にある測定結果に再現可能な根拠はありません

 

 

今回は【電磁波】についても少し深堀してみます。
モチロン素人目線を『大切』に『簡単』に。

 

電磁波ってなに?(簡単に)

店長が噛み砕くと、こんな感じが【電磁波】。

補足すると、

電気的に上位のエネルギーを持ったモノから、その周辺の下位の環境へエネルギーが伝播していくのが【電場】。

電気的に上位のエネルギーを持ったモノが、移動するときに発生するのが【磁場】。

電気的に上位のエネルギーを持ったモノが、常に動くことによって【磁場】が生まれ、【電場】を生み、【電磁波】が発生する。

 

そして今回の身近な一例である、家庭用コンセントからの【交流電磁波】について。

簡単に、直流とは

 

交流とは

 

つまり直流においては、電流が流れた瞬間的には【磁場】が発生するが、恒常的に【電磁波】は存在しない。

しかし交流では1秒間に50~60回向きを変えながら電流が流れているので、磁場】と【電場】が発生して【電磁波】を生みだします。

 

 

電磁波測定器

それでは、今回も登場。

ファウザーフィールドメーターFM-6。

 

通称『シックス』の登場です。(店長が命名)

 

これから『シックス』を使って調査していくのですが、テーマは身近にある【電磁波】デスク編。
今回は特別に、「チョー忙しい時の私のデスク」をお披露目いたします。

 

実測開始(通常時)

ん?

なになに??

 

デスクが……。

汚いって??

 

だから、言ったじゃないですか

 

 

「忙しい時の。デ・ス・ク」デスって!!

 

 

いつもは、まったくもってキレイなデスクなんですよ。

チリひとつ、エンピツひとつ無い。

それはもう無に等しく、仕事しているとは思えないデスクなんですから!!

 

足回りも見てみましょう。

 

AOタップで配線されていますね。

 

一般的にコノ手の記事は、マイナスの状況を改善していくのが定石ですが、定石に当てはまらない漢(おとこ)

それが私「店長」ですから、今回は趣向を変えて状況を悪化させてみようと思います。

 

まずは、理想的な「アース」のとれた状況から測定していきます。

 

まずはPCからです。

ノート型PCで交流電源で駆動中です。
外付けのキーボードとマウス、USBでラベルプリンタを使用しています。

 

PC画面

16V/m

さすがは私のPCです。

スウェーデン基準の25V/mと見比べても、十分な結果です。

 

お次はビジホ。

 

ビジネスホテルではありません。ビジネスフォンです。

 

一般的に電話機のアースは構造上難しいとされていますが、さすがは無法者の店長です。
裏技を駆使した結果、アースがとれていますね。

 

ビジネスフォン

12V/m

 

怒られそうなので、やり方は言えません……。

 

ビジネスフォンの隣の日本酒です。

もちろん、自然栽培・天然菌による醸造酒「蔵の宵(よい)」です。

 

これ見よがしに「生体と電磁波」がチラ見していますね。
むっずかし~本を解読しながら、このデスクで日々「飲むか飲まれるか」を繰り返しておるわけです。

 

発送用の送り伝票を発行する、専用のラベルプリンタです。

 

ラベルプリンタ

13V/m

 

我ながらお見事です。

 

卓上扇風機はいかがでしょうか。

 

卓上扇風機

21V/m

 

少々上がりましたが、十分許容値ですね~。

 

次は手元まわりです。

 

業務時間の4分の1くらいは触れているのではないでしょうか。

 

外付けキーボード

9V/m

 

長時間触れるモノですから、このくらいの数値は理想的ですね。

もうひとつ長時間触れる可能性の高い、ミッキーちゃんは……

 

外付けミッキーちゃん(マウス)

10V/m

 

さすがはミッキー

 

「ぼくらのクラブのリーダー♪」です。

「強くて明るい元気者♪」

 

 

ミッキー・カーチスここにあり!!

 

キーボードやマウスよりも触れ合う時間が多いのが……。

そうです!!

 

デスク

15V/m

 

いいですね~。

 

ついでにデスク下の金属部分も測ってみましょう。

 

デスク下

18V/m

 

デスク上面と大差ありませんでした。

 

それでは、仕事しているフリをしている「店長」を測定してみましょう。

 

仕事している風の店長の肩

24V/m

 

そこそこの数値が出ましたね。

 

キーボードにオンボード中のデキる男の肩

19V/m

 

おや?

プレーンな「店長」が24V/mで
オンボード「店長」が19V/mです。

単純に考えると違和感を覚えますね~。
これには、デスク周り以外の環境が起因しています。

先に正解を言ってしまうと、天井の蛍光灯や床下の配線です。

 

周辺環境の電位を受けて「店長」の電位が上がっている状況。
一方のデスクは、アースがとられており周辺環境よりも電位の低い状況。

これにより「店長」自身が、自分より電位の低いデスクを触ることで、一部「アーシング」されたのです。

最後に蛍光灯も測定していますので、そちらも見てね。

 

 

では、どこから『アース』をとっているのか??

アースはどこから?

一般的な家庭用コンセントはこのような形をしています。

 

冷蔵庫近くのコンセントや、洗濯機近くのコンセントはちょっと形状が違うの知っていますか?

 

アース対応コンセントです。

形状は様々ありますが、私の会社ではこのような形をしています。
コンセントの最下部にあるフタをめくると、十字のビスとむき出しの金属が見えるところです。

このアースから配線していき、各機器の電場を逃がしてくれています。

 

 

では……。

 

 

時は満ちたり!!

 

 

 

ぶっ!!

 

ち~~ん。

(アースを引きちぎる音)

 

 

 

測定開始(非アース)

PC画面(測定単位が異なります)

310V/m

 

ぎょ!!

 

ビジネスフォン(測定単位が異なります)

210V/m

 

ぎょ!!ぎょ!!

 

ラベルプリンタ(測定単位が異なります)

220V/m

 

ぎょ!!ぎょ!!魚!!

 

外付けキーボード(測定単位が異なります)

230V/m

 

ぎょ!!ぎょ!!魚!!うぉ~!!

 

ミッキー(測定単位が異なります)

220V/m

 

店長:「た! 大将!!」
(弊社の代表は、「たいしょう」と呼ばれています)

大将:「だいじょうぶか~奥山?? これ何の実験してるんだ?」

店長:「ハイ! 状況を悪化させるというミッションに取り組んでおりますっ!!」

大将:「……な、なんのために……」

店長:「ハイ! 正面ばかりから物事を捉えていたのでは、見えるはずのモノも見えなくなるのではないかと思いつき……。そう!! 思いつきです!!

大将:「……おまえってヤツは……」

 

デスク(測定単位が異なります)

290V/m

 

大将:「お、奥山。スウェーデンの安全基準だと、たしか25V/m以下だよな……」

奥山:「大将、ご安心あれ。通常はアースをとっています。これはあくまで状況悪化シュミレーションです」

大将:「あ、あぁ。そうだったな。(奥山の思考はよくわからんなぁ)

 

卓上扇風機(測定単位が異なります)

180V/m

 

 

デスク下(測定単位が異なります)

270V/m

 

それではお待ちかね、状況を悪化させると

「店長」自体の状況も「悪化」するのか!?

 

状況を悪化させた「張本人」の肩

77V/m

 

 

なな・なな・ヴィクトリーです!!

 

ギャンブルならきっと大当たりクラスの出来事ですね!!

 

劣化中の「店長」

118V/m

 

 

おしまいの前

いかがでしたでしょうか?

 

皆さまにおかれましては、決して真似をせず、快適な空間にてお仕事をされてくださいませ。

 

次回エントリーでは、

 

チェック 除去できる電磁波と、できない電磁波

チェック アースのとり方

チェック アース対応コンセントじゃない場合

チェック 電磁波との付き合い方

 

についてお伝えしますね!!

 

それではおまけの測定。蛍光灯との距離について。

120㎝のLED蛍光灯が2本点灯している状況です。

 

蛍光灯との距離 0㎝ (測定単位が異なります)

630V/m

 

蛍光灯との距離 50㎝

46V/m

 

蛍光灯との距離 80㎝

25V/m

 

天井の低い場合は、距離を保てれば十分電磁波は低減しますので、怖がらないでくださいね~。

 

 

ホントのおまけ

大将:「ところで奥山。PC下の空間は何だ??」

 

店長:「これはですね~。ジェイル(牢獄)と言いまして、さまざまな道具をしまうことが可能なのです!!」

店長:「いわゆるアイデア商品ですね」

 

ジェイルにはペンにハサミにカッター、お菓子から電子機器まで、あらゆる道具が収納されています。

(鉄製のカゴを逆さまにしただけです。中はカオスです)

 

 

 

では、次号

【電磁波】できるコト できないコト ~実践編~

でお会いしましょう。

 

 

 

おしまい。

 

気になることはコメント欄をご利用ください。
研究者ではないですが、可能な限りご質問にはお応えいたします。
↓シェアはご自由に↓

Pocket

 - ライフスタイル